忍者ブログ

いっしょに暮らそう

しっぽのある娘達とわたし
2017/09    08« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »10
さっちゃんという名のわんこがいました。

交通事故にあい、警察署から保健所へ行き
殺処分になるところを保護されたのに、
保護主さんは「お金がない」という理由でほって置かれて、
後足が化膿して両足を切断。

が、その後のケアも疎かにされてしまった為に、
またも傷口が化膿して腐った足を自分で食べてしまい
骨がむき出しとなってしまったわんこでした。

その後、心ある方の保護わんんことなり、
手厚いケアを受け、後足を深い場所での切断手術を受けました。

保護されて1年3ヶ月と8日後の平成22年2月20日

さっちゃんはおやすみ!と眠ったまま、目覚めることなく
虹の橋へ旅立ったそうです。


最初、さっちゃんの事を知り、その写真を見た時の衝撃は
忘れる事ができません。
殺処分の方が、どれほど「楽」だったのかしれないとも思いました。


面倒を見れないのなら、「保護」しない方がいいです。
保護して「多頭崩壊」も悲しいです。

さっちゃん、虹の橋では後足も元通りになって
走り回っているでしょうね。
また、保護主さんに会えるまで、虹の橋で元気に待っててあげてね。



2005年にひき逃げに会ったわんこ。(ひき逃げ直後に遭遇)
この時は後先考えずに保護してしまいました。
だって、病院へ連れていかず、次の日(夜だった)に
警察署へ連れていくまで、交番に置いておくって言われたら、ねぇ。
(交番のおまわりさんも、えらくあっさり引き渡してくれた。
名前も聞かれなかったけど、今考えると、変だよね~??)




左前足の神経が切れてしまったけれど、他に損傷はなく、
市役所や警察、保健所に保護を届けてから数時間後に、
保健所に飼い主さんが問い合わせをしてくれたおかげで
無事飼い主さんの所へ戻ることができました。



たまに、朝に散歩させている所を見かけます。
ひょこひょこと元気に歩いています。
声はかけることはありませんが、やっぱり嬉しいですね。♪
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

toriの一言(?)メモ

ぜひご覧になって下さい!!

ブログサイト名
ほんわかな時間さん
「ある小学生の思い」 
↑クリックで記事に飛びます。

(リンクの許可頂いております)

AD

PR

最新コメント

(09/23)
無題(返信済)
(03/05)
無題(返信済)
(02/28)
無題(返信済)
(02/21)
無題(返信済)
(03/08)

プロフィール

★tori
娘たちに骨抜きな二足歩行動物

★かりんさん
長女
2004年9月22日生まれ(推定)



★さくら
次女
2005年9月24日生まれ(推定)
2012年10月14日没(7歳20日)


★みるく
三女(年齢的には次女)
2005年4月28日生まれ(推定)
(月日は我が家へ来た日)


★つばき
四女
2008年5月12日生まれ(推定)
2011年10月11日没(3歳5ヶ月)

 御用の方

こちらからご連絡下さいマセ。

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- いっしょに暮らそう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]