忍者ブログ

いっしょに暮らそう

しっぽのある娘達とわたし
2017/04    03«2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »05
去年の秋口に保護した
旧名:楓 現在はポピー君の里親様から
写真とお便りを頂きました。










みんな仲良く毎日運動会です。
ポピーは、食欲が一番多くてちょっとメタボになりつつ今食事の与え方を工夫しています。
甘え方もぴか一でめちゃかわいい。
毎日一番にとんできます。
最近ごあーんごあーんとご飯をおねだりしてきます。




小さかった頃はかわいかったんですよ~なんて事はよく聞きますが、(笑)
ポピー君ってば、かわいいまま大きくなったって感じですよね。
幸せな様子を聞けるのは、本当にうれしいものです。


以下語っちゃいますので、イヤな方はスルーして下さい。













保護するというのは、本当にタイミングだと思います。
かわいそうだから、という感情だけでは、なかなか無理があります。
私は、保護する場合は「躊躇なく」ということは、ほとんどないです。
考えます。今、保護して大丈夫なのか。世話ができるのか。
里親様が見つからない場合、自分の子にする覚悟はあるか。
経済的に、大丈夫なのか。
色々と考えます。

もちろん、預かる場合も、考えます。そして保護主様にも
我侭な要求もします。

自分が保護する場合もよそ様から預かる場合も
決して安易には決められません。


このポピー君も、私のタイミングがよかっただけで
もしかしたら、去勢だけしてリリースしていたかもしれません。

そして、つくづく思います。
避妊と去勢の必要性。

どの子もポピー君みたいになれるわけではないのですから。

無題

うん、うん、そうですよね。
葛藤してしまいます。
どれだけでも抱えられるわけじゃないですもんね・・。
by taketsuma 2008/09/16(Tue)14:45:44 編集

★taketsumaさん

このままでは・・・・・って時には保護するとは思うのですが、
元気で、今のところ大丈夫そうで、自分に余裕がない場合には
ごめんね、保護できなくてって、謝ります。
2008/09/22 12:05

保護すると言う事は

その子の一生を背負うってことですもんね。私も初めはリリースのみしてましたが、放っておけない怪我した子や病気の子、仔猫は葛藤はするもののやはり精神衛生上悪いので保護しちゃいますよね。でも、可愛がって貰って里親さんからの便りなんか貰ったら本当にあの時決断して良かった~って思いますものね・・・・6年掛けて120匹の不妊手術、今年は20匹のご縁を繫げました。ポピー君ってば本当にかわええな~・・・
by めいぴー URL 2008/09/16(Tue)18:26:48 編集

★めいぴーさん

簡単に「何故保護しないの?」って言われると、
「じゃぁ、あなたが保護しなさいよ!」な~んて思ってしまいます。(苦笑)
もちろん、このままでは命の危険がありそうって思ったら
一瞬考えるけど、とりあえず、保護するかもしれません。
私の場合は、今迄運がよかったので、亡くした子以外は
全部里親様が見つかったのですが、出ない子は出ないという覚悟は
いつでも持って保護しなければ、って改めて感じました。
でも、本当に、里親様からの頼りは、今、がんばれる元気の元です。
2008/09/22 12:05

はじめまして

タイミングと時間と余裕とかいろいろ格闘してしまいますよね。
わかりますよ。
我が家は、猫ちゃんが苦手な家族なので、拾ってこれません。
今の犬でも、かなり揉めましたよ。
出所は、はっきりした雑種ですが。
避妊はしましたよ。
近所に、拾い猫して病院で避妊&去勢をしてくれてるおばさんがいます。
でも、自宅じゃ飼えないらしく、公園ねこです。
それも。。。いろんな事情があるんでしょうね。
by はーさん&れもん 2008/09/18(Thu)20:29:46 編集

★ はーさん&れもんさん

はじめまして。
こんな僻地なブログサイトへお越しくださってありがとうございます。

猫さんが苦手なご家族がいらっしゃるんですね。
こればっかりは、どうしようもないでしょうね。
でも、わんこ派を公言されていても、猫さんの魅力にはまる方もいらっしゃる事ですし、
先々は、もしかすれば、猫さんと暮らしているかもしれませんよ?。

ご家族のわんこさんは、ちゃんと避妊手術をされたのですね。
健康の為にも、良いことだと思います。家族ですものね。

公園の猫おばさん、地道に地域猫活動をされいらっしゃるんですね。
一口に避妊去勢だけ、といっても、簡単にはできない事ですから。
そこの公園には、これから生まれる不幸な子がいないというのは
すばらしい事だと思います。
2008/09/22 12:06

無題

周りがよく言うのですが。
「ペットは自分の家族であっても、自分の子供にはならないでしょ?」

いやいやいや。
私にとって、保護したこの仔は立派な自分の子供ですから!
そう、いつも胸を張って言います。
そういう発言をする人は山ほどいて
それが少しだけ悲しかったり。
自分がいくら歳をとって大人になっても
それでも出来る事が少ない事に気付かされます。
何度も書いた気がしますが
日本がもう少しだけでも
外国の様に、動物に対する愛情を持ってくれたらいいのになと思っちゃいますね。
by きのこ URL 2008/09/21(Sun)12:31:54 編集

★きのこさん

家族と子供の違いは一体なんなのでしょう?
私は同じだと思うのですけれど・・・・。
大切な、かけがえのない存在であることにはかわりないですよね。

口だけで、かわいそうっていう人はいっぱいいます。
なんとかしてあげたい、っていう人も同じくいっぱいいます。
その中で、本当に心からそう思って行動できる人は何人いるんでしょうね。

何もできないのなら、最初からかかわるな!です。
そういう人達は、道で泣いている(あえて「泣く」の漢字です)子猫とかを
平気で無視できるんですよね。
人間って冷酷な生き物だなって思う瞬間でもあります。
2008/09/22 12:06
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

toriの一言(?)メモ

ぜひご覧になって下さい!!

ブログサイト名
ほんわかな時間さん
「ある小学生の思い」 
↑クリックで記事に飛びます。

(リンクの許可頂いております)

AD

PR

最新コメント

無題(返信済)
(03/05)
無題(返信済)
(02/28)
無題(返信済)
(02/21)
無題(返信済)
(03/08)
無題(返信済)
(10/14)

プロフィール

★tori
娘たちに骨抜きな二足歩行動物

★かりんさん
長女
2004年9月22日生まれ(推定)



★さくら
次女
2005年9月24日生まれ(推定)
2012年10月14日没(7歳20日)


★みるく
三女(年齢的には次女)
2005年4月28日生まれ(推定)
(月日は我が家へ来た日)


★つばき
四女
2008年5月12日生まれ(推定)
2011年10月11日没(3歳5ヶ月)

 御用の方

こちらからご連絡下さいマセ。

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- いっしょに暮らそう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]